退職ラッシュに便乗

サービス業に従事し約3年半たった頃その後のキャリアなどを考えた時将来性があるものなのか、ここで働いていて自分のキャリアアップはどういうようになっていくのだろうと思い始めたのがまずは退職を意識し始めたきっかけでした。

福利厚生もとてもいいものではなく、同年代の友達は定時にあがって、しっかりボーナスももらっているのに自分は夜勤シフトもこなしながらもボーナスは出ないし、チームのリーダーを務めさせていただいていたので部下のミスは全部私が責任を負う立場、そのわりに業績もあまりよくないので昇給、昇格というものは望めないものでした。またその時はやめていく人も多く、入社してくる人も少なくシフトはさらに大変になるばかりでみんなのモチベーションもどんどん悪くなってお客様からの辛口の評価を頂くこともしばしばありました。上司に目に見えるようにゴマをするタイプのようなスタッフ。その仕事をカバーしたのは自分だとしても評価をされるのはそのスタッフで、常に公平性を保っていると謳っていた上司にも半ばどこかでやり返してやりたいという気持ちもあったかもしれません。なので辞めるならその退職ラッシュに乗っかろうと思いました。

初めての転職だったのでエージェントを使いながら色々と紹介してもらいました。 なかなか自分の理想に近いサイトはなく、エージェントからくる紹介企業も微妙なものが多かったです。 結果的には自分で転職サイトを閲覧し応募する形態で転職しました。 幸い平日休みも多かった事、夜勤も多かった為平日に面接を受けることが出来たことから転職期間はふつうの人より短かったかと思います。始めたのは退職を意識し始めてから一か月後で、実際転職活動に要した期間も会社のネームバリューもあることから1か月ほどで内定を複数頂く事ができました。 次が見つかったと言わないと絶対にやめさせてもらえないとわかっていたので転職活動はこっそりやりつつ、仕事も熱心に励んでいました。

転職先を無事に見つけた際、まずは上司に報告しましたが新人を育てきってからやめてほしいと言われたので結果的に退職の意志を告げてから実際に退職できたのは1か月半後でした。 色んな部署と連携していたので、やめるということをあまり伝えて動揺させたくなかったので自分の口からタイミングを狙って一人一人に辞める理由、退社時期、次の目標など含めてちゃんと伝えていきました。

退職すると決めてからとても心が軽くなったのか、心身にも余裕が出てお客様にもより真摯に対応できて評価もあがりました。 また自分のあとを任せられるような後輩には早めに伝え、引き継ぎを少しずつ行い実践させ独り立ちをさせたかったですし、後輩に疑問を残させたまま退職したくなかったので時間を沢山使って残業してでもちゃんと一つ残らず引き継ぎをしました。お蔭で辞めたあともちゃんとあれなんだったっけ?ということもなく仕事をこなせていますと連絡をもらいました。 それを考えると本当に1か月半ほどの引き継ぎ時間、自分の中で自分の仕事にプライド、責任を持って取り組めた期間は本当に貴重だったと思います。

最終日もオフの日の同僚たちもかけつけてくれて、お花と寄せ書きをもらって無事に送り出してくれました。 退職したあとは源泉徴収票などの問い合わせで一度関わったほどですが残務は一切ありませんでした。 上司は尊敬できる人たちはなかなかいなかったですが、同僚たちには本当に恵まれていたので退職した後も改めて見送り会をやってもらったり、やめて半年以上たっても新人スタッフ、先輩スタッフの歓送迎会に呼んでくれたりします。 同じサービス業なので人見知りすることもなく簡単に打ち解けられますし今でも連絡を細かに取り合う仲になれた事、最高の同期に出会えた事は自分の人生の宝物だと思います。